Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Officeにゼロデイ脆弱性、標的型攻撃が発生中 - MSは「Fix it」を公開

米Microsoftは、同社製品に含まれるグラフィックスコンポーネントに未修正の脆弱性が存在し、脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃が発生しているとして、「Fix it」など緩和策の実施を呼びかけている。

20131106ms_001.jpg
回避策として公開された「Fix it」

「Windows」や「Office」「Lync」など同社製品に含まれるグラフィックスコンポーネントにおいて、リモートからコード実行が可能となる脆弱性「CVE-2013-3906」が判明したもの。

同社によれば、「TIFFファイル」の処理に問題があり、細工されたファイルを開いたり、プレビューで表示して脆弱性が攻撃を受けた場合、端末の制御が奪われる可能性があるという。

すでに同社では、Officeを対象とした標的型攻撃を確認しており、同社では詳細について調査を進めると同時に、「Microsoft Active Protections Program(MAPP)」を通じてセキュリティベンダーなどと情報を共有した。

同社は、セキュリティ更新プログラムの開発を進めている。さらに回避策として「TIFF」ファイルの処理を無効化する「Fix it」を公開。また脆弱性緩和ツールである「EMET(Enhanced Mitigation Experience Toolkit)」の活用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware複数製品の脆弱性、ロシア攻撃グループが悪用か - 米政府主張
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「Microsoft Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対処
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「Chrome」に2件のゼロデイ脆弱性 - 緊急更新を実施
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ