Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が入札情報とともに居住者の個人情報を漏洩 - 神奈川県住宅供給公社

神奈川県住宅供給公社は、委託先の職員から特定の建設業者に対し、公社が所有する賃貸住宅の居住者24世帯の個人情報が流出していたことを明らかにした。

同公社が所有する賃貸住宅の防音工事に関連して、業務委託先であるかながわ土地建物保全協会の職員から特定の建設業者に対し、入札情報とともに居住者の個人情報を提供していたという。

流出したのは防音工事を行う24世帯の氏名や電話番号など。同公社では、対象世帯に対し、説明と謝罪を行った。今後は、委託先の指導や監督を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2013/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
住民票や戸籍証明の請求書が箱ごと所在不明に - 静岡市
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も
高齢者免許証返納支援事業で個人情報が所在不明 - 福岡県
Emotet感染でメール関連情報流出の可能性 - 緑の安全推進協会
河川敷に患者情報含む書類、原因を調査 - 十和田市立中央病院
図書館利用団体のメアド流出で謝罪 - 千葉市