Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イメーション、ハードウェア暗号化機能備えた「Windows To Go」対応USBメモリ

イメーションは、マイクロソフトの「Windows 8 Enterprise」に搭載されている「Windows To Go」に対応したUSBメモリ「IronKey Workspace W500」を10月4日より発売する。

同製品は、USBデバイスから「Windows 8」を直接起動できる「Windows To Go」に対応したUSBメモリ。マイクロソフトよりUSB 3.0モバイルワークスペースとして認証を取得している。

シーケンシャルの場合、読み込み速度は毎秒400Mバイト、書き込みは毎秒316Mバイトを実現。すでに発売している「W300」の上位製品にあたり、ハードウェアによるAES 256ビット暗号化機能を搭載したほか、防水、防塵機能を備えている。

ラインナップには、32Gバイト、64Gバイト、128Gバイトの3モデルを用意しており、価格はオープン。

(Security NEXT - 2013/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure