Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BSIとCSA、クラウドサービスのセキュリティ認証制度をスタート

BSI(英国規格協会)とクラウドセキュリティアライアンス(CSA)が、クラウドセキュリティ認証制度「STAR認証プログラム」を開始した。

同プログラムは、「ISO/IEC 27001:2005」の要求事項とCSAのクラウドコントロールマトリックス(CCM)を用いて、クラウドサービス事業者のセキュリティを評価する第三者認証制度。

CCMには、「コンプライアンス」「データのガバナンス」「設備のセキュリティ」「人的資源のセキュリティ」「情報セキュリティ」「法律」「作業管理」「リリース管理」「耐障害性」「リスク管理」「セキュリティアーキテクチャ」の管理エリアが設けられ、セキュリティの成熟度を評価する具体的な基準が記載されている。

BSIをはじめCSAから認定を受けた認証機関が審査を行い、各管理エリアにおける成熟度について採点。事業者は審査レポートから、成熟度と改善すべきポイントを把握できる。また成熟度に応じて「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」のいずれかを付与。認証を受けた組織は「STAR認証」としてCSAのサイトに掲載される。

認証制度の開始を受け、BSIグループジャパンでは、積極的に「STAR認証」の情報発信を行うほか、「STAR認証」について学習するトレーニングコースを実施する予定。

(Security NEXT - 2013/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
クラウドファンディング支援者向けのメールで送信ミス - 浦和レッズ
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
「攻撃遮断くんサーバセキュリティタイプ」に遮断IPが追加不能となる脆弱性