Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルトの「WildFire」がAndroidアプリに対応 - サンドボックスで不正アプリを検知可能に

パロアルトネットワークスは、同社のマルウェア検知技術である「WildFire」がAndroidアプリに対応したと発表した。

「WildFire」は、同社製次世代ファイアウォールで提供されているクラウドベースのマルウェア検知技術。クラウド環境のサンドボックスで不審なファイルを実行し、振る舞いから未知のマルウェアを検出する。

今回の機能強化によりAndroidアプリのAPKファイルに対応。Androidをターゲットとした不正アプリの検知が可能となった。

また自動的に同社ファイアウォールへVPN接続し、セキュリティポリシーの遵守を支援する「GlobalProtect」について機能を追加しており、AndroidとiOSに対応した。

(Security NEXT - 2013/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
Boxにマルウェア検知機能 - サンドボックス解析なども搭載予定
ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応