Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ設定を検査できる「MBSA 2.3」のプレビュー版が公開

Microsoftは、最新版となる「Microsoft Baseline Security Analyzer 2.3」のプレビュー版を公開した。正式版の公開は今秋を予定している。

同ツールは、エンドポイントのセキュリティ設定を検査するツール。ローカルだけでなくリモート環境にも対応しており、設定ミスやセキュリティ更新プログラムの適用状況などをチェックできる。

最新版となる「MBSA 2.3」では、最新OSとなる「Windows 8.1」をはじめ、「Windows 8」「Windows Server 2012 R2」「Windows Server 2012」をサポートした。

今回のプレビューでは、英語版のみの提供だが、日本語OSでも利用可能。正式版では日本語版も用意される見込みだという。ダウンロードにはMicrosoftアカウントが必要で、「Microsoft Connect」にある「ConfigMgr Open Beta Program」より入手できる。

(Security NEXT - 2013/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
個人情報含むUSBメモリ紛失、車上に置いたまま発車 - 加須市
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
マルウェア「Emotet」が巧妙化、国内で感染拡大 - わずか1.5日で相談23件
PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県
患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都