Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

朝日新聞とベネッセの「語彙・読解力検定」サイトに不正アクセス

朝日新聞社とベネッセコーポレーションが共同で展開する「語彙・読解力検定」のウェブサイトが、不正アクセスを受け、改ざんされていたことがわかった。

改ざんの時期や規模、影響の範囲などはわかっておらず、両社はウェブサイトを閉鎖し、原因や影響の範囲など詳細について詳しく調べている。

またウェブサイトの利用者に対し、ウイルス感染のおそれがあるとして、スキャンを実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響
「スイーツパラダイス」の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
複数の文化施設が改ざん被害 - 不正サイトに誘導
不正アクセスで顧客のクレカ情報流出の可能性 - 教材販売サイト
和菓子通販サイトでクレカ情報流出 - 悪用された可能性