Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

朝日新聞とベネッセの「語彙・読解力検定」サイトに不正アクセス

朝日新聞社とベネッセコーポレーションが共同で展開する「語彙・読解力検定」のウェブサイトが、不正アクセスを受け、改ざんされていたことがわかった。

改ざんの時期や規模、影響の範囲などはわかっておらず、両社はウェブサイトを閉鎖し、原因や影響の範囲など詳細について詳しく調べている。

またウェブサイトの利用者に対し、ウイルス感染のおそれがあるとして、スキャンを実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
サイトが改ざん被害、残存した旧CMSの脆弱性が標的に - サンメディア
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か
手芸用品通販サイトに不正アクセス - 社内ネットワーク経由でサイト改ざん
家具やインテリアの通販ショップに不正アクセス
バイク関連製品通販サイトで個人情報流出のおそれ - 3Dセキュアも