Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプリ制御を実現した「Trend Micro Mobile Security」最新版

トレンドマイクロは、企業向けモバイルデバイスのセキュリティ対策ソフト最新版「Trend Micro Mobile Security 9.0」を発表した。9月5日より出荷を開始する。

同製品は、スマートデバイス向けセキュリティ対策ソフト。端末内のデータ消去や端末位置検索、カメラやBluetoothの使用制限、不正アプリ検索や不正サイトへのアクセス防止など、MDMとセキュリティ対策を実現する。

最新版では、従来から提供していたオンプレミス型にくわえ、クラウド上の通信用サーバ「クラウドコミュニケーションサーバ」を経由してデバイスの運用管理が可能なクラウド型を提供。管理サーバや通信用サーバを独自に設置せずに、端末情報を管理できる。

また同社のクラウド型アプリ評価サービス「Trend Micro Mobile App Reputation」と連携したアプリケーションコントロールを実現。

ゲームやSNS、アダルトなどカテゴリに応じて、アプリのインストールや起動の許可/不許可を一括設定できる。さらに、インストールしたアプリのプライバシーリスクを利用者自身でチェックできる機能も搭載した。

250から499アカウントを導入する場合の価格は、スタンダード版が3265円/アカウント。アドバンス版が6531円/アカウント。2年目以降の更新料は、新規価格の50%となる。

(Security NEXT - 2013/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
会議室用ウェブカメラに脆弱性、詳細も公開 - 米政府は悪用脆弱性リストに追加