Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福岡県中小企業振興センターのサイトが改ざん - 閲覧でウイルス感染のおそれ

福岡県中小企業振興センターのウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされ、閲覧者がウイルス感染被害を受ける可能性があったことがわかった。

8月15日18時から20日21時ごろにかけてウェブサイトが改ざんされた状態に陥り、この間にサイトにアクセスした場合、外部サイトへ誘導され、ウイルスに感染するおそれがあった。同サイトは個人情報を保有しておらず、情報流出のおそれはないとしている。

ウェブサイトは21日16時に復旧したが、詳しい原因について調査を進めている。また同センターでは、改ざん期間中にアクセスした利用者に対し、ウイルス感染の有無をチェックするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
豆煎餅など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
和装店のオンラインショップに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市