Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、メールセキュリティアプライアンスの大企業向け新モデルを発売

フォーティネットジャパンは、メールセキュリティアプライアンス「FortiMail」シリーズに、大企業向けモデル「FortiMail-3000D」を追加した。

同製品は、ウイルスやスパム対策にくわえ、メールサーバ、ウェブメール、フィルタリング、アーカイブ、メール暗号化機能などを搭載したメールアプライアンス。管理画面からすべての機能を統合管理できる。

今回投入された新モデルは、通信キャリアやサービスプロバイダ、大規模企業向けに設計されたもので、1時間で200万件以上のメールを処理することが可能。ネットワークのパフォーマンスやユーザーに影響を及ぼすことなくウイルスやスパムをブロックするという。

(Security NEXT - 2013/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
「WordPress」のセキュリティ対策プラグインを公開 - クラウドセキュア
主要ベンダー製品と連携するXDRを7月に提供 - Cisco
脆弱性レポート機能の正式提供を開始 - GitHub
ファイルサーバ管理ソフトにログ監視オプション - ランサムなど不正操作を通知
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
期間限定で大規模企業に「Emotet」の感染調査を無料提供 - ラック
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応