Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内のフィッシング報告件数が前月比5倍となり過去最悪 - オンラインゲームの偽サイトが多発

フィッシング対策協議会は、7月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告状況について取りまとめた。報告件数が激増しており、なかでもオンラインゲームを騙るケースは連日報告されているという。

レポートによれば、7月に寄せられたフィッシング報告件数は237件で、前月の42件から195件の大幅増。200件を超えたのは同協会の報告をまとめている2005年6月以降はじめて。

フィッシングサイトに利用されたユニークURL件数も前月より58件増加して102件。一方、フィッシングに悪用されたブランド件数は1件減少し5件だった。

報告件数の増加は、オンラインゲームを装いアカウント情報の詐取を試みるフィッシングが連日報告されていることが原因。約94%がオンラインゲーム関連の報告だったという。

一連の攻撃では、フィッシングサイトをテイクダウンしても、すぐに別のURLであらたなフィッシングサイトが公開され、フィッシングメールも執拗に送信されていたという。

(Security NEXT - 2013/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加