Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スクエニを騙るフィッシングメールに注意 - 正規メールの文面を悪用

スクウェア・エニックスは、アカウント情報を詐取するフィッシングメールがさらに巧妙化しているとして注意を呼びかけている。

以前から同社では、アカウント管理システムを偽装したフィッシングサイトに誘導し、会員情報を詐取しようとするメールについて注意を喚起しているが、より巧妙化が進んでいる。

フィッシングメールのバリエーションとしては、これまで「不審なアクセスを検知した」「利用規約違反があった」「課金・契約による問題が発生した」といった内容が確認されている。同内容の正規メールが存在しており、文面を転用されているという。

メールの送信元も正規のメールアドレスに偽装。文中に表示されるURLも正規URLだが、HTMLメールで実際には詐欺サイトへリンクされている。

またアクセス先となる詐欺サイトでは、類似ドメインを悪用。これまでもハイフンを抜かしたり、「i」を「l」や「j」と入れ替えるといったドメイン「square-enlx」や「square-enjx」が利用されており、注意深く確認しないと見落とす可能性がある。

同社では、アクセス先のURLを確認することや、EV SSL証明書のサイト運営者の組織名を確認するなどログイン時の対策に挙げている。

またこれらは偽装工作の一例で、今後もさまざまな偽装が行われる可能性がある。不審なメールが無差別に送信されており、会員以外に対しても注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告
メールの誤送信で学生のメアドが流出 - 都住宅供給公社
「ClamAV」にクリティカルパッチ - サービス拒否の脆弱性など修正
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
狂犬病予防接種会場で強風により申請書が飛散 - 京丹後市
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分