Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KLab、ファイルサーバ内の個人情報をリアルタイム検出する「P-Pointer EXA」

KLabは、ファイルサーバ内の個人情報をリアルタイムで監視、検出するソフト「P-Pointer EXA」を、7月10日より発売する。

同ソフトは、パソコンやサーバのハードディスク内に保存されている個人情報について、ファイルの場所や内容、件数などを調べることができる「P-Pointer」シリーズの新製品。ファイルサーバ向けに提供する。

従来の機能にくわえ、同製品ではリアルタイムスキャンに対応。ファイルサーバを常時監視して個人情報を検索し、最新の結果が閲覧できる。

また、10種類以上の検出用辞書を搭載。複合条件フィルタや除外単語設定など詳細な検索条件が設定できるほか、事前にスケジュール設定することで、ファイル検索やCSV出力、管理者への検出通知などの自動運用が可能になった。

ファイルサーバのディスク容量に応じた価格体系を採用しており、初年度ライセンス費用は、10Tバイト以下で126万円。

(Security NEXT - 2013/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を