Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機、クラウドDBを暗号化したまま検索できるソフト - アクセス制御にも対応

三菱電機は、暗号化したクラウドのデータベースを復号せず検索可能とする「秘匿検索基盤ソフトウェア」を開発した。2014年度内の製品化を目指している。

今回開発したのは、機密保護のため暗号化してクラウドに保管しているデータベースを、復号せずに暗号化したまま検索できるソフトウェア。秘密鍵を用いて生成した検索要求により、キーワード検索が行える。暗号化にあたっては、データにアクセスできる部署を指定するなど、アクセス制御の機能も実現した。

また、暗号化されたデータから検索を高速化する索引データを自動的に生成したり、自動並列処理機能を用いることで検索速度の短縮を図った。

開発者は、SQLを利用したプログラムの開発が可能。ブラウザから利用できるプラグインとして実装しており、利用者が専用のアプリケーション導入を導入せずに利用できるという。

(Security NEXT - 2013/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス