Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチ5件を12日に公開予定 - 深刻度「緊急」は1件のみ

日本マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムを6月12日に公開する予定だ。深刻度「緊急」1件を含む5件となる見込み。

4段階ある深刻度においてもっとも高い「緊急」とされる1件は、「Internet Explorer」の脆弱性へ対応するプログラム。「同6」以降、すべてのバージョンに影響がある。脆弱性が悪用された場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

のこり4件は、いずれも1段階低い「重要」レベルの脆弱性。そのうち3件は「Windows」に関するもので、情報漏洩やサービス拒否、特権昇格などの問題に対処する。1件は「Office」に存在するリモートコード実行の脆弱性を修正する。

(Security NEXT - 2013/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
Google、「Chrome 90.0.4430.93」をリリース - 9件のセキュリティ修正を実施
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正
「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正