Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidマルウェアの国内感染率、米国の半分以下 - Lookout調査

Android向けセキュリティ対策ソフトを提供するLookoutは、同社アプリの利用者における感染率を調査し、結果を取りまとめた。

日本を含む米国、イギリス、ドイツ、インドの5カ国を対象に不正アプリのインストール状況を調査したもの。日本は、5カ国中もっとも低レベルで0.78%だった。

もっとも危険が高いのはインドで5.49%にのぼる。「ドイツ(2.37%)」「英国(2.16%)」「米国(1.66%)」が続いた。他国と比較し、日本の感染率が低い理由として、送金機能を持ったSMSが存在していないことが、一因であると同社は分析している。

脅威別に見ると、広告プラットフォームなどを通じて個人情報を収集するアドウェアの被害が国内外いずれも最多。国内でアドウェアをインストールしているユーザーは0.5%で、200人に1人がインストールしていた。トロイの木馬が0.21%で次に多い。

ユーザーに明示することなく課金を行う不正アプリは、海外で2番目に多いが国内では、0.01%と低水準。ユーザーの行動を監視するソフトは、特に米国で検知される割合が高く、0.24%が感染しているが、国内では0.01%だった。

(Security NEXT - 2013/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
2019年4Qの「JVN iPedia」新規登録は4434件、OS関連の登録目立つ
2019年上半期の攻撃パケット、IPアドレスあたり約48万件
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1