Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市職員が住民情報システムから個人情報を不正取得 - 加古川市

兵庫県加古川市において、職員が職務権限を利用して不正に住民情報を取得し、外部へ漏洩していたことがわかった。

20130527_ka_001.jpg
内部漏洩が発生した加古川市のHP

同僚である同市男性職員の依頼により、同市環境部の女性職員が市住民情報システムより個人情報を取得。男性職員が外部の第三者へ提供していたことが判明したもの。一部報道によれば、流出した情報が調査会社に提供されたり、恐喝未遂事件に利用されるなど悪用された可能性もある。

同市では、今回の問題に関して警察の捜査協力を優先しており、独自に調査することを控えていたと釈明。詳細を調べて事件を解明するとともに、再発防止に取り組みたいとしている。

(Security NEXT - 2013/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
個人情報記載の国勢調査書類を紛失 - 龍ケ崎市
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
調査対象事業者のメールアドレスが流出 - 総務省
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町