Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市職員が住民情報システムから個人情報を不正取得 - 加古川市

兵庫県加古川市において、職員が職務権限を利用して不正に住民情報を取得し、外部へ漏洩していたことがわかった。

20130527_ka_001.jpg
内部漏洩が発生した加古川市のHP

同僚である同市男性職員の依頼により、同市環境部の女性職員が市住民情報システムより個人情報を取得。男性職員が外部の第三者へ提供していたことが判明したもの。一部報道によれば、流出した情報が調査会社に提供されたり、恐喝未遂事件に利用されるなど悪用された可能性もある。

同市では、今回の問題に関して警察の捜査協力を優先しており、独自に調査することを控えていたと釈明。詳細を調べて事件を解明するとともに、再発防止に取り組みたいとしている。

(Security NEXT - 2013/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
高齢者在宅サービスセンターで携帯電話を一時紛失 - 港区
宮城労働局で相談事案ファイルを一時紛失 - 廃棄準備中に盗難か
教委認定講習の論文が所在不明に、郵送過程で - 大阪府
解約元帳やローン借入申込書など誤廃棄の可能性 - コザ信金
個人情報含むファイルを第三者へ誤送信 - 東急ウェルネス
農業従事者の関連書類、庁舎内で所在不明に - 南あわじ市