Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジェーシー・コムサのショッピングサイトに不正アクセス - カード情報など流出のおそれ

ジェーシー・コムサは、同社が運営するショッピングサイトが不正アクセスを受け、クレジットカード情報を含む個人情報が外部へ流出した可能性があると発表した。

「JCハーベスターショップサイト」が、3月25日に外部より不正アクセスを受けたもので、4月12日にウイルス感染の疑いから調査を行ったところ、被害に気が付いたという。

今回の不正アクセスにより、2707件の取引情報が流出した可能性があり、氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど、965人分の個人情報が含まれていた。そのうち713件の取引において、クレジットカード番号や有効期限など266人分の情報も被害に遭ったおそれがある。

問題の発覚を受けて、同社では対象となる顧客に対して個別に連絡を取っている。また3月25日から4月12日にかけてウェブサイトを閲覧した場合、ウイルスへ感染している可能性があるとして、ウイルススキャンを実施するよう呼びかけている。

また警察に被害届を提出しており、経済産業省および情報処理推進機構に対しても事態を報告した。クレジットカード会社に対しても連絡し、対応を協議したという。現在サービスを停止しており、セキュリティ対策の強化など再発防止策を実施した上でサービスを再開する予定。

(Security NEXT - 2013/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
芸能事務所のグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報4722人分が流出か
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大