Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IE 8」のゼロデイ脆弱性による影響を緩和する「Fix it」が公開

Microsoftは、ウェブブラウザ「Internet Explorer 8」に存在する脆弱性の影響を緩和する「Fix it」を提供開始した。

「IE 8」に深刻な脆弱性「CVE-2013-1347」が含まれていることが判明し、悪用も確認されていることから、セキュリティ更新プログラムの公開に先駆けて、影響を緩和する「Fix it」をウェブサイトで公開したもの。

脆弱性が悪用されると、細工が施されたウェブサイトを閲覧しただけで、リモートでコードを実行されるおそれがある。サイト改ざんを通じた大規模な攻撃も確認されており、セキュリティ専門家が注意を呼びかけている。

「Fix it」は、脆弱性そのものを修正するプログラムではないが、設定の変更を通じて脆弱性に対する攻撃の影響を緩和することが可能。脆弱性そのものを修正するためのプログラムは、5月15日の月例パッチとして提供されると見られている。

(Security NEXT - 2013/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も