Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部製品にMS月例パッチ適用でライセンス無効化される問題 - カスペルスキー

日本マイクロソフトが4月10日より提供している月例セキュリティ更新プログラム「KB2823324」を適用すると、カスペルスキーの一部法人向け製品において、ライセンスが無効となり、チェックディスクが実行される不具合が発生している。カスペルスキーでは一時的な回避策を案内している。

問題が確認されたのは、「Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstation 6.0 MP4」「Kaspersky Anti-Virus for Windows Server 6.0 MP4」の「バージョン6.0.4.1424」と「6.0.4.1611」。「MS13-036」に含まれる「KB2823324」を適用すると不具合が発生するという。

前者は、ライセンスキーが無効となり、プロテクションが無効となる。後者の場合、プロテクションは無効にならないものの、「ライセンスキーが見つからない」と警告を表示し、定義ファイルの更新が制限される。またいずれもチェックディスクが実行される。

またワークステーションとサーバー向けに提供している「Kaspersky Endpoint Security 8.0 for Windows」については、チェックディスクを行う問題のみ生じる。

同社では一時的な解決策として、「KB2823324」のインストールを回避するようアナウンスしている。すでにインストールしている場合は、アンインストールし、ライセンスを再適用することで解決できる。

(Security NEXT - 2013/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信
ユーザーのプライバシー管理設定を誤操作 - LINE
行政サービスの共通認証「GビズID」で他社個人情報を取得できる不具合
決済サービス「d払い」などで「3Dセキュア」が一時利用不能に
将棋動画配信サービスで不具合、個人情報が流出
「Exchange Server」のメール処理が滞る不具合が発生
通販サイトでほかの顧客の個人情報が閲覧できる状態に - 平和堂
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
メールシステム不具合で情報流出や多重送信が発生 - ドライフルーツ販売店
セルフケア向け製品サイトで個人情報を誤表示 - エーザイ