Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Tポイントサイトで「なりすまし」による不正ログイン - ポイント不正利用299件

TポイントやTカードの利用者向けサイト「Tサイト」において、なりすましによる不正ログインが発生した。299件のIDでポイントが不正に利用されたという。

同サイトを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブによれば、3月27日に利用者から身に覚えのないポイントの利用履歴があるとの連絡を受け、サービスを停止して調査を実施したところ、第三者が利用者になりすましたログインにより、ポイントを不正に利用されていたことがわかったという。

ポイントが不正に利用されたIDは299件にのぼり、いずれも3月26日に被害が集中していた。同社が外部より不正アクセスを受けた痕跡は確認されておらず、IDとパスワードの流出については否定している。

同社では、不正利用が確認された利用者に個別に連絡し、パスワードを変更するよう案内した。今後は、不正ログインの予防や検知強化、利用者への注意喚起などを実施していくという。

(Security NEXT - 2013/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
MS、月例パッチで脆弱性56件を修正 - 一部で悪用も
鹿児島県、Instagramの偽アカウントに注意喚起 - 個人情報を詐取