Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

すべての企業に影響ある「SNSリスク」の事例や対策まとめたレポート

JPCERTコーディネーションセンターは、法人におけるSNSリスクについてレポートとして取りまとめ、公開した。

同レポートは、国内外におけるSNSが法人にもたらすリスクやセキュリティ対策の現状について調査し、取りまとめたもの。国内のSNS事業者やセキュリティベンダーに対してもインタビューを実施し、法人検討すべき対策を考察した。

SNSは、法人が導入するケースに限らず、従業員が個人的に利用し、トラブルに生じるリスクが存在しており、すべての法人が対策について検討しておく必要があるとレポートでは指摘。従業員の言動によるトラブルを留意すべきリスクとして挙げている。

さらにSNSで公開されている情報が実際に悪用された標的型攻撃や、まったく関係ない第三者が法人を装い、SNS経由で情報発信を行った問題など、実際に起きた事例を解説。

対策として、SNS利用時のガイドラインを取り上げ、国内企業で実際に運用されているガイドラインを紹介するとともに、ガイドラインで規定すべき内容の例を示している。

(Security NEXT - 2013/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
公共機関装うSNS上の偽アカウントに注意 - DMでフィッシングサイトに誘導
Twitterにイベント応募者の個人情報含む写真を投稿 - 大阪市立科学館
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
発表前の配信代行プレスリリースに外部アクセス、URLを推測か - PR TIMES
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社