Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共栄火災の契約者情報3万8000件含むCD-ROMを紛失 - 富国生命

富国生命保険は、共栄火災海上保険の代理店業務で扱った自動車保険の契約者情報3万8035件含むCD-ROM1枚を紛失したと発表した。

同社によれば、所在不明となっているのは、自動車保険の契約者情報を保存したCD-ROM1枚。共栄火災より提供されたもので、氏名、車両登録番号、保険期間、年間保険料、等級、証券番号など3万8035件のデータが記録されている。

提供を受けた3月13日に紛失が発生し、捜索したが発見できなかった。CD-ROMは暗号化されており、情報が外部に流出する可能性は低いと同社では説明している。

不正使用など二次被害の報告は寄せられていない。対象となる契約者に対しては、両社より書面で謝罪する方針。

(Security NEXT - 2013/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
保健所職員が個人情報を私用端末に、同期クラウドが乗っ取り被害 - 大阪市
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
保健所提供データに個人情報、加工前データの削除を失念 - 静岡市
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県