Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、6件の脆弱性を修正した「iOS 6.1.3」を公開

Appleは、iPhoneやiPadなど同社スマートデバイスが搭載する「iOS」の脆弱性を修正した最新版「iOS 6.1.3」を公開した。

今回提供するアップデートは、「パスコードロック」がバイパスされる不具合をはじめ、「iOS」に見つかった6件の脆弱性を修正するプログラム。

細工されたウェブサイトを閲覧すると、任意のコードを実行されるおそれがある「WebKit」の問題に対応したほか、カーネルや「dyld」に存在する脆弱性を解消している。

(Security NEXT - 2013/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
Apple、macOS向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性3件に対処
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
Apple、「iOS 14.3」をリリース - 旧端末向けにも更新を用意
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
メッセンジャーアプリ「WhatsApp」にRCE脆弱性 - iOS版に影響
【追記あり】Appleが「iOS 14.2」を公開、脆弱性24件を修正 - 一部に悪用コードも
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース