Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アシスト、「ID棚卸キット」を提供開始

アシストは、企業のシステムにおけるアカウント情報の棚卸を自動化する「ID棚卸キット」を提供開始した。

同製品は、業務システムの特権IDやシステム固有ID、ディレクトリサービスおよびグループウェアの登録情報などを抽出し、レポートの抽出や人事システム、ID統合管理システムとの差異を検知できるソリューション。

退職者アカウントの削除や、不正登録されたり、長期間ログインしていない、パスワードが未変更であるなど、問題あるアカウントを把握し、IDの棚卸業務を効率的に行える。

インテックの製品をベースに共同で企画し、各種業務システムのデータ収集テンプレートを独自にバンドルした。「Windows Server」で動作する。

価格は210万円で、別途サポート費用が必要。同社では、2013年末までに10社の導入を目指し、製品を展開していく。

(Security NEXT - 2013/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS