Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「一太郎」に対するゼロデイ攻撃が発生中 - 不正DLLを読み込ませる手口

ジャストシステムのワープロソフト「一太郎」に存在する脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃が発生している。シマンテックでは、すでに国内ユーザーを対象とした攻撃を複数確認している。

20130226_sy_001.jpg
圧縮ファイルの中身。1番下のメインファイル以外は隠し属性が設定されている。「JSMISC32.DLL」だけでなく、「TESP.JTD」も実体は不正なDLLファイル(画像:シマンテック)

ジャストシステムが2月26日に公表した脆弱性「CVE-2013-0707」に対する攻撃が発生しているもの。ライブラリファイルのプリロード問題を悪用したもので、シマンテックでは、1月中旬より攻撃を把握しており、国内で被害が発生しているという。

同社が確認している攻撃では、一太郎のファイルと、隠し属性が設定された悪質なライブラリファイル2件を同梱した圧縮ファイルを用いており、一太郎ファイルをファイルを開くと不正なライブラリファイルが実行されるしくみだった。

ジャストシステムでは、一部バージョンに対してアップデートの提供を開始したが、アップデートが完了するのは、約1カ月先の3月28日となる予定。ユーザーは、メールの添付ファイルやインターネット上のファイルなどを開く場合など、細心の注意を払う必要がある。

(Security NEXT - 2013/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
Google、「Chrome 90.0.4430.93」をリリース - 9件のセキュリティ修正を実施
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正
「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正