Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECキャピタル、HDD暗号化ソフトを活用したMDMサービスを提供

NECキャピタルソリューションは、ウインマジック製ハードディスク暗号化ソフト「SecureDoc」を活用したMDMサービス「SecureDocマネージドサービス with MDM」を提供開始した。

「SecureDocマネージドサービス」は、モバイルパソコンを対象としたセキュリティサービス。ハードディスクの暗号化をはじめ、紛失時の遠隔制御、サーバと一定時間に通信がなかった場合の自動ロック、外部メディア制御、プリブート認証などの機能を提供する。

今回あらたにオプションメニューとして、スマートデバイスのセキュリティ管理をサービスデスクが代行するMDMサービスを追加。「Android」および「iOS」を搭載した端末の遠隔ロックや遠隔消去、ポリシー設定、デバイス制御などに対応する。

月額利用料は、210円/台。「SecureDocマネージドサービス」の利用者は105円/月で追加できる。

(Security NEXT - 2013/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック