Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバやPC17台がウイルス感染、情報流出の可能性 - スカパーJSAT

スカパーJSATの社内にあるサーバやパソコンなど17台がウイルスへ感染していたことがわかった。宇宙、衛星事業関連の取引先情報や技術情報が、外部へ流出した可能性があるという。

同社において、複数サーバのCPUに高負荷がかかったことから、原因を調査したところ、サーバやパソコンなど17台が新種ウイルスに感染しており、情報が外部へ漏洩している可能性があることが2月5日に判明した。

流出の可能性があるのは、宇宙、衛星事業関連の取引先会社名と担当者の個人情報、および関連技術情報。有料多チャンネル事業に関する個人情報は含まれない。

同社では感染した端末をネットワークから切断。サーバに対してアクセス制限を実施したうえで、感染経路や時期、影響の範囲について調査を進めている。

(Security NEXT - 2013/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
緊急事態宣言発令で「情報セキュリティEXPO 春」が開催延期 - ビッグサイト使用禁止で
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府