Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバやPC17台がウイルス感染、情報流出の可能性 - スカパーJSAT

スカパーJSATの社内にあるサーバやパソコンなど17台がウイルスへ感染していたことがわかった。宇宙、衛星事業関連の取引先情報や技術情報が、外部へ流出した可能性があるという。

同社において、複数サーバのCPUに高負荷がかかったことから、原因を調査したところ、サーバやパソコンなど17台が新種ウイルスに感染しており、情報が外部へ漏洩している可能性があることが2月5日に判明した。

流出の可能性があるのは、宇宙、衛星事業関連の取引先会社名と担当者の個人情報、および関連技術情報。有料多チャンネル事業に関する個人情報は含まれない。

同社では感染した端末をネットワークから切断。サーバに対してアクセス制限を実施したうえで、感染経路や時期、影響の範囲について調査を進めている。

(Security NEXT - 2013/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
博物館情報サイトが改ざん - 不正サイトへ誘導
コロナ検査結果確認サイトで別人の検査結果 - 愛媛県総合保健協会
国民健康保険税還付者の口座情報をサイトに誤掲載 - 日向市
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
医療機関向けの検査協力金案内メールで誤送信 - 大阪府
返却したワクチン接種券に接種者名簿が混入 - 池田市
「ウイルスバスタークラウド」にフォルダ改ざん検知をバイパスされる脆弱性
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」