Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバやPC17台がウイルス感染、情報流出の可能性 - スカパーJSAT

スカパーJSATの社内にあるサーバやパソコンなど17台がウイルスへ感染していたことがわかった。宇宙、衛星事業関連の取引先情報や技術情報が、外部へ流出した可能性があるという。

同社において、複数サーバのCPUに高負荷がかかったことから、原因を調査したところ、サーバやパソコンなど17台が新種ウイルスに感染しており、情報が外部へ漏洩している可能性があることが2月5日に判明した。

流出の可能性があるのは、宇宙、衛星事業関連の取引先会社名と担当者の個人情報、および関連技術情報。有料多チャンネル事業に関する個人情報は含まれない。

同社では感染した端末をネットワークから切断。サーバに対してアクセス制限を実施したうえで、感染経路や時期、影響の範囲について調査を進めている。

(Security NEXT - 2013/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
日本赤十字社のフィッシングに注意 - 実在する寄付サイトを偽装
「SECCON CTF」、3年ぶりにリアル開催
コロナ感染の小学校児童情報を複数保護者に誤送信 - 松本市
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
アウトドアブームに便乗? 有名ブランドの偽サイトに注意
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ