Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で生徒の氏名や職業体験先など記載した一覧表を紛失 - 横浜市

横浜市は、生徒の個人情報や職業体験先事業所の情報などが記載された一覧表が所在不明になっていることを公表した。

同市中学校の教師が紛失したもので、資料には、同中学校2年生190人の名字、67人の氏名、担当教諭31人の名字、および職業体験先事業所75カ所の名称や住所、電話番号などが記載されていた。

1月23日、資料を鞄に入れて朝から体験先事業所の巡回を行っていたが、14時ごろ学校に戻って確認したところ、資料がなくなっていることに気付いたという。同校では生徒および保護者に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2013/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で学校説明会の申込者情報が閲覧可能に - 宮城県
高校で指導要録を紛失、誤廃棄の可能性 - 三重県
高校でメール誤送信、体験授業参加者のメアド流出 - 大阪府
SNSの利用ルール啓発で、パスワード提出求める不手際 - 練馬区中学校
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
中学校教諭がSNSで生徒に試験を漏洩 - 「良い点を取らせてあげたかった」
高校の体験講座申込フォームで設定ミス、個人情報が流出 - 大阪市
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県