Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモックとカスペルスキーが協業、IT統合管理ソフトにウイルス対策機能

ハンモックとカスペルスキーは協業し、IT統合管理ソフトへウイルス対策エンジンの組み込む計画であることを発表した。

ハンモックが提供するIT統合管理ソフトウェア「AssetView PLATINUM」にカスペルスキーのウイルス対策エンジンを採用するもの。2013年春にリリースを予定しており、初年度に100社の導入を目指す。

既存のセキュリティ対策ソフトより乗り換える際に安価な価格で提供するほか、移行作業の自動化による保守コストの低減やセキュリティ対策の統合管理を実現するという。

(Security NEXT - 2013/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも