Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Ruby on Rails」にリモートのコード実行など複数の脆弱性

「Ruby on Rails」に、遠隔からコードを実行される可能性があるなど、複数の脆弱性が存在していることがわかった。脆弱性が修正されたアップデートが公開されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「Ruby on Rails」の「Action Pack」に複数の脆弱性が存在しており、リモートでコードを実行されるおそれがあるほか、認証が回避されたり、任意のSQLコマンドを実行されるおそれがあるという。

脆弱性を修正した「Ruby on Rails 3.2.11」「Ruby on Rails 3.1.10」「Ruby on Rails 3.0.19」「
Ruby on Rails 2.3.15」が公開されており、最新版へのアップデートを呼びかけるとともに、「XML」の解析処理を無効にするなど、複数の緩和策を案内している。

(Security NEXT - 2013/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令