Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安全サイトの構築手引書に別冊「ウェブ健康診断」 - 脆弱性有無の判定に便利

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブサイトの開発者や運営者向けに提供している手引き書「安全なウェブサイトの作り方」の改訂版を公開した。

同手引き書は、IPAに届出があった脆弱性情報を参考に、ウェブサイトの開発者や運営者が安全なウェブサイトを作成するための方法や、セキュリティ対策をまとめた資料。2006年の発行以来改訂を重ね、今回第6版を公開した。

今回の改訂では、あらたに別冊として「ウェブ健康診断仕様」を追加。運営中のサイトにおいて、基本的な脆弱性対策が実施されているか確認する方法を解説している。検査パターンを絞っているため、すべて問題ない場合も安全宣言はできないが、危険度の高い脆弱性の診断に利用できる。

同資料は、もともと地方自治情報センター(LASDEC)が作成。民間のセキュリティ対策推進を目的にIPAに移管された。すでに1200の地方公共団体においてウェブサイトの診断に活用されているという。

同手引きおよび別冊は、IPAのサイトから無料でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2012/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
脆弱性診断の利用者向けに「サイトシール」を提供 - GMO
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
まもなく「SECCON CTF 2022」のオンライン予選 - 賞金総額100万円
セキュリティに関する総務大臣奨励賞 - 募集を開始
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
9月のフィッシングサイト、銀行関連が急増 - クレカ系は割合減
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減