Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内SaaS型セキュリティソフト市場規模、2016年は148億円に拡大 - IDC予測

2011年の国内SaaS型セキュリティソフトウェアは、前年比成長率19.9%と堅調に推移し、市場規模は72億円に拡大した。

IDC Japanが取りまとめたもので、売上額の割合を機能別に見ると、「セキュアコンテンツ/脅威管理市場」が54.6%を占めた。続く「アイデンティティ/アクセス管理市場」も41.3%にのぼっており、この2分野で9割以上を占める。

標的型攻撃の増加により、ウイルス対策ソフトの更新管理に対する重要性が高まっているほか、クラウドの利用拡大による認証の標準化や連携、災害時の事業継続性への対応など、引き続き安定した需要が見込まれ、2011年から2016年の年間平均成長率は15.5%となる見通し。同社では2016年の市場規模を148億円と予測している。

(Security NEXT - 2012/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2021年の悪質ECサイト報告数、前年の約1.7倍に
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に