Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TSS LINK、ウェブコンテンツ保護ソフトに「DocuWorks保護オプション」

ティエスエスリンクは、ウェブコンテンツの不正利用や外部漏洩を防ぐソフト「Pirates Buster for Active WebPage」の利用者向けに「DocuWorks保護オプション」を提供開始した。

「Pirates Buster for Active WebPage」は、ブラウザ上に表示されるウェブページやPDF、Flash、動画などの印刷やコピー、ダウンロード、画面キャプチャ、プリントスクリーンを禁止し、コンテンツの不正利用や外部流出を防ぐソリューション。動的ページにも対応するほか、「Office保護オプション」により、WordやExcelといったドキュメントの保護が可能。

今回あらたに「DocuWorks保護オプション」を追加し、ブラウザに表示されたDocuWorks文書を保護を実現した。DocuWorksバージョン6および7に対応ており、価格は100ライセンスで52万5000円から。別途保守費が必要。

(Security NEXT - 2012/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も