Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、VMごとに導入不要の仮想化環境向けウイルス対策製品

カスペルスキーは、仮想化環境用セキュリティ対策製品「Kaspersky Security for Virtualization(英語版)」の販売を開始した。

同製品は、「VMware vSphere」および「VMware vShield Endpoint」に対応するセキュリティソリューション。ウイルス対策エンジンや定義ファイルを仮想アプライアンスにて提供し、「vSphere」で動作する複数の仮想マシンのウイルス対策を実現する。

「VMware vShield Endpoint」に対応しており、仮想化マシンではエージェントレスで利用でき、エンドポイントごとに製品を導入せず、ウイルス対策の負荷を同製品へオフロードさせることが可能。リアルタイムおよびオンデマンドスキャンに対応する。

同社の他製品と共通の管理コンソール「Kaspersky Security Center 9」による集中管理に対応しており、共通したポリシーを利用することができる。

「Targeted Securityシリーズ」として提供し、参考価格は、デスクトップ向けが3525円から、サーバー向けが1万2945円から。

(Security NEXT - 2012/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
macOS向け仮想化製品「Parallels Desktop」に複数の脆弱性
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
2019年のシンクライアント端末市場、前年比53.6%増
「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース
脆弱な「Docker」の探索行為、11月ごろより増加
「Jip-Base」の障害、15%でデータ復旧不可能
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
クラウドセキュリティに活用できるOSSを紹介した資料 - CSAジャパン
仮想環境向け製品を公共機関に割引価格で提供 - パロアルト