Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「RocMonitor」にSSL証明書の管理や有効期限切れを防止する新機能

日本ベリサイン、日本ジオトラスト、サイトロックの3社は、SSLサーバ証明書の有効期間監視、更新の管理、申請を簡易化するサービスを開発した。

サイトロックでは、システムモニタリングツール「RocMonitor」を「同V2.0」へバージョンアップし、日本ベリサインと日本ジオトラストの発行するSSLサーバ証明書を管理できる新機能「RocMonitor SSL-Plus」を追加したもの。

同機能では、インストール状況や有効期限の監視にくわえ、CSRの作成や、SSLサーバ証明書の申請のほか、公開鍵や中間CA証明書、秘密鍵の管理に対応。SSLサーバ証明書の更新漏れリスクやコストを軽減できる。

対応開始時期は、日本ベリサインでは10月下旬を予定しており、ジオトラストではすでに対応を開始している。RocMonitorの価格は、シングルテナントモデルが84万円。マルチテナントモデルが126万円。新機能は無料で利用できる。

(Security NEXT - 2012/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM