Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドの被害報告で不正コード入りPDFが上位に - 「ZACCESS」関連も依然多数検知

トレンドマイクロは、同社が9月に検出したマルウェアや、感染被害の報告状況について取りまとめた。ウェブ経由で感染活動を行う「ZACCESS」関連の不正プログラムが引き続き観測されている。

同社がまとめた国内の検出数ランキングでは、アドウェア「ADW_GAMEPLAYLABS」が前月の10位からトップに浮上。定番となっている「WORM_DOWNAD.AD」は2位で、3926台から検出されている。

4位から9位の6種はすべて、「ZACCESS」関連の不正プログラム。JavaやAdobeの脆弱性を悪用しウェブ経由で感染するため、アプリケーションをつねに最新版にアップデートするなどの対策が求められる。

ワールドワイドの検出数ランキングは、引き続き「WORM_DOWNAD.AD」が1位。検出数は7万5262台と、前月の8万6943台から減少している。また7、8、9位に「ZACCESS」関連のプログラムが入るなど、国内と同様の傾向を示している。

国内の感染被害報告数ランキングでは、Adobeの脆弱性に対するエクスプロイトコードを含むPDFファイル「TROJ_PIDIEF」「EXPL_PDF4155」が、それぞれ1位と2位だった。

同社によれば、これらファイルは、脆弱性に対するエクスプロイトコードを含んでいるが、ユーザーへの深刻な被害はないとしている。

同社がまとめた国内の不正プログラム検出状況は以下のとおり。

1位:ADW_GAMEPLAYLABS
2位:WORM_DOWNAD.AD
3位:CRCK_KEYGEN
4位:Mal_Siref32
5位:TROJ_SIREFEF.DAM
6位:Mal_Siref64
7位:PTCH64_ZACCESS.A
8位:TROJ_PATCHED.AGQ
9位:TROJ_SIREFEF.SLS
10位:ADW_INSTALLCORE

(Security NEXT - 2012/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準