Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向けブラウザ「jigbrowser+」に情報漏洩の脆弱性

jig.jpが開発するAndroid搭載スマートフォン向けブラウザ「jigbrowser+」に、脆弱性が含まれていたことがわかった。「同1.5.0」以降では修正されている。

JVNによれば「WebViewクラス」に脆弱性が存在し、同アプリのデータ領域が他アプリケーションからアクセスされ、情報が漏洩する可能性があるという。

影響を受けるのは「jigbrowser+ Ver.1.5.0」より以前のバージョンで、すでに脆弱性が修正されたバージョンがGoogle Playにて公開されている。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの望月岳氏が発見。情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2012/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security