Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン、スマートデバイス管理アプライアンスに新モデル - 5万台まで対応

ソリトンシステムズは、スマートデバイスの管理を実現するMDMアプライアンス「NetAttest EPS-ap」に、新モデル「DX04」を追加した。同時にファームウェアをアップデートし、紛失対策機能を追加した。

同製品は、スマートフォンやタブレット端末のデジタル証明書による認証をはじめ、デバイスの設定、ポリシー適用などにより、業務利用を支援するアプライアンス。従来製品では、管理対象のデバイスが2000台を超えた場合、システムを分割管理する必要があったが、今回追加された「DX04」では5万台まで1台で対応できる。

同時に、ファームウェアをVer1.2にアップデートし、新機能を追加。デバイスの紛失や盗難の際に、管理者およびユーザー自身がリモートからロックやデータ消去が実行できるようになった。

(Security NEXT - 2012/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド