Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット犯罪描いたサスペンス映画「サイバーゲドン」がネット公開

米Yahoo!は、ネット犯罪をテーマとした映画「サイバーゲドン」を9月25日より公開する。世界同時公開で日本語は字幕により楽しめる。

120925sy_01.jpg
サイバーゲドン

同映画は、FBIエージェントや投獄中の大物ハッカーが、一見関連性のない膨大なサイバー攻撃の調査を進めていくサスペンス。

監督はディエゴヴェラスコ氏。「CSI:科学捜査班」シリーズの制作総指揮者であるアンソニーEズイカー氏らがエグゼクティブプロデューサーを務めた。また製作にあたっては、シマンテックが情報を提供している。

今回世界25か国以上で同時公開される予定で、国内ではヤフーと子会社GyaOが協力し、無料映像配信サイト「GyaO!」で提供する。3日間連続で1日3話ずつ視聴できる。

(Security NEXT - 2012/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
「Exchange Server」脆弱性、10グループ以上が悪用か - パッチ公開前にも
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介