Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット犯罪描いたサスペンス映画「サイバーゲドン」がネット公開

米Yahoo!は、ネット犯罪をテーマとした映画「サイバーゲドン」を9月25日より公開する。世界同時公開で日本語は字幕により楽しめる。

120925sy_01.jpg
サイバーゲドン

同映画は、FBIエージェントや投獄中の大物ハッカーが、一見関連性のない膨大なサイバー攻撃の調査を進めていくサスペンス。

監督はディエゴヴェラスコ氏。「CSI:科学捜査班」シリーズの制作総指揮者であるアンソニーEズイカー氏らがエグゼクティブプロデューサーを務めた。また製作にあたっては、シマンテックが情報を提供している。

今回世界25か国以上で同時公開される予定で、国内ではヤフーと子会社GyaOが協力し、無料映像配信サイト「GyaO!」で提供する。3日間連続で1日3話ずつ視聴できる。

(Security NEXT - 2012/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

欧米捜査機関、高級車乗り回すランサム関係者2人を逮捕 - 暗号資産も凍結
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
「あなたのアカウントが通報された」 - 偽警察のLINEアカウントに注意
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に