Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネクスト・イット、GFI Software製マルウェア解析ツールを発売 - サンドボックスで自動分析

ネクスト・イットは、GFI Software製「マルウェア自動動的分析ツール」を販売開始した。

今回取り扱いを開始した「GFI SandBox」は、サンドボックス内でアプリケーションやファイルなどを実行し、マルウェアであるか動的に解析するツール。

アプリケーションの実行内容やシステムの変更、ネットワークトラフィックの内容などキャプチャし、サーバに送信。分析結果をレポートとして提供する。分析プロセスを自動化することが可能で、1件あたり通常2分以内に分析できるとしている。

組織ごとに異なる固有の要件へ対応でき、企業の緊急対応チームである「CSIRT」やセキュリティベンダー、研究者、捜査機関、ウェブ製作事業者、広告事業者などへ提供する。

また最新データを利用して悪意のあるウェブサイト、メール、トラフィックを識別する「GFI ThreatTrackデータフィード」を別売りのアドオンとして用意している。

(Security NEXT - 2012/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ