Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アバンセ、PCとモバイルデバイスのセキュリティを管理するサービス「IT守護診」を提供

アバンセは、PCとモバイルデバイスのセキュリティ対策を一元管理するサービス「IT守護診」の提供を開始した。

同サービスは、クオリティソフトが提供するPCとモバイルデバイス向けのセキュリティ管理サービスエンジン「ISM CloudOne」を利用したもので、グループ企業全体のポリシーとして設定したセキュリティ対策の維持と一元管理を可能にする。

PC向け機能として、セキュリティパッチの更新支援や脆弱性診断、禁止ソフトの起動制御、ソフトウェアライセンス管理、セキュリティアラートメール、プリンタ管理などの機能を搭載。

またAndroidやiOS向けの機能として、アプリの起動制御やネットワーク接続制御、端末情報収集、紛失時の遠隔ロックやデータ消去、Android端末のセキュリティ診断などが利用できる。価格は、1ライセンス月額630円。

(Security NEXT - 2012/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも