Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DISとトレンドが協業、中小企業向けセキュリティサービスを提供

ダイワボウ情報システムとトレンドマイクロは、パソコンやタブレット端末のセキュリティ対策で協業すると発表した。

今回の協業により、ダイワボウ情報システムはトレンドマイクロのSaaS型セキュリティサービスの月額版および年額版を、9月20日より順次販売する。「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス Powered by DIS 月額版」は、1ライセンス525円。年額版はオープンプライス。

また、同社が販売する一部のPCおよびタブレット端末に、同セキュリティサービスの製品版または30日間利用可能な評価版をバンドルし、拡販を目指す。

(Security NEXT - 2012/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
BSIグループとイエラエ、IoTセキュリティ分野で協業
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
サイバー保険付帯した新規開業税理士向け業務ソフト - エプソン