Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフー、ワンタイムパスワード認証機能を追加 - スマホアプリ版も提供予定

ヤフーは、「Yahoo! JAPAN ID」の不正利用対策として、ワンタイムパスワードを導入した。

フィッシングなどによるアカウント情報の盗難被害を防止するため、あらたなセキュリティ機能を追加したもの。同社ではこれまでも、「ログイン履歴」「フィッシング警告機能」「ログインアラート」など対策を強化している。

今回追加したワンタイムパスワード機能では、PCおよびスマートフォンのブラウザ上から「Yahoo! JAPAN」のコンテンツを利用する際に、登録したメールアドレスへ毎回異なるパスワードを発行する。

発行したパスワードは、従来より設定しているIDとパスワードによる認証後に、二次認証として利用。また1度ログインを成功した端末については、次回以降、ワンタイムパスワードの認証を省略することもできる。

同認証は、任意で利用することが可能で、料金は無料。同社では、今後スマートフォンアプリ版のワンタイムパスワードも提供していく予定だという。

(Security NEXT - 2012/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化