Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ先端技術、IPv6対応の不正アクセス対策サービスを開始 - IPv4混在環境にも対応

NTTデータ先端技術は、IPv6環境に対応した「不正アクセス監視サービス」「不正アクセス遮断サービス」を提供開始した。

同サービスは、フルタイムで外部からの不正侵入や内部からの不正アクセスを監視したり、ワームによる攻撃や脆弱性に対する攻撃を遮断するサービス。従来よりIPv4環境向けに展開してきたが、環境整備が進むIPv6環境へあらたに対応した。

今回のサービス拡張によりIPv6のみで構築されたシステムはもちろん、IPv4とIPv6のデュアルスタック環境のシステム、IPv6とIPv4トランスレータを介したIPv6システムなど幅広い環境で活用できる。

(Security NEXT - 2012/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
金融機関ノウハウ活用した不正検知サービス - ACSiON
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
オンライン本人確認事業で合弁会社検討 - セブン銀とISID