Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサービス「忍者ツールズ」で障害 - レジストラによるドメイン停止措置で

サムライファクトリーは、同社ウェブサービス「忍者ツールズ」の全サービスにおいて、ドメイン情報の初期化にともなうサービス障害が発生したと発表した。

7月12日20時20分ごろから21時30分にかけて障害が発生し、ブログやアクセス解析、広告サービスをはじめ、すべてのサービスについてアクセスができなくなり、管理画面にもログインできない状態が発生した。

同社取引先でドメインレジストラであるGMOインターネットの「お名前.com」によりドメイン停止措置が行われ、ドメイン情報が初期化されたのが障害の直接の原因だという。

忍者ツールズを利用する一部サイトが、「お名前.com」の約款に抵触していたことが、ドメイン停止措置の理由で、サービス全体に影響が波及した。

今回の不具合では、ドメインのDNSサーバ情報も一時変更されたため、障害回復後もDNS情報がキャッシュに保存され、利用者の環境によっては、障害発生以降72時間以上にわたりアクセスできないケースもある。

同社では今回の問題を受け、有料サービスやポイント還元サービスなど一部利用者に対して、補填などを実施するとしおり、対象となる顧客には個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2012/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
大量アクセスで障害、一部プレスリリースが未送信に - PR TIMES
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会
キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ