Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサービス「忍者ツールズ」で障害 - レジストラによるドメイン停止措置で

サムライファクトリーは、同社ウェブサービス「忍者ツールズ」の全サービスにおいて、ドメイン情報の初期化にともなうサービス障害が発生したと発表した。

7月12日20時20分ごろから21時30分にかけて障害が発生し、ブログやアクセス解析、広告サービスをはじめ、すべてのサービスについてアクセスができなくなり、管理画面にもログインできない状態が発生した。

同社取引先でドメインレジストラであるGMOインターネットの「お名前.com」によりドメイン停止措置が行われ、ドメイン情報が初期化されたのが障害の直接の原因だという。

忍者ツールズを利用する一部サイトが、「お名前.com」の約款に抵触していたことが、ドメイン停止措置の理由で、サービス全体に影響が波及した。

今回の不具合では、ドメインのDNSサーバ情報も一時変更されたため、障害回復後もDNS情報がキャッシュに保存され、利用者の環境によっては、障害発生以降72時間以上にわたりアクセスできないケースもある。

同社では今回の問題を受け、有料サービスやポイント還元サービスなど一部利用者に対して、補填などを実施するとしおり、対象となる顧客には個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2012/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
応募企画を実現、セキュリティコンテスト「SECCONCON」開催
みずほ銀でシステム障害 - 一時店頭で取引できず
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
開室状況の案内メールで誤送信 - 専修大
ニップンが基幹アプリ障害で決算発表延期、マルウェア感染か - 子会社も影響
AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
不正アクセスで一部個人情報が海外に流出 - 福祉用具レンタル会社