Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アニメ「K」の公式サイトが改ざん、閲覧で偽ソフト感染のおそれ

オリジナルテレビアニメ「K」の公式サイトが何者かによって改ざんされ、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることがわかった。

同サイトを運営するキングレコードによれば、7月1日18時ごろから2日11時ごろにかけて、サイトが改ざんされた状態となり、期間中に閲覧した場合、偽セキュリティ対策ソフト「Security Shield」へ感染する可能性があったという。

さらに7月2日22時ごろに、ウェブサイトの改ざんが再発。同社はサイトを一時停止して、原因などを調べている。

偽ウイルス対策ソフトに感染した場合、アラートを表示し、製品の購入を迫る。同社は、ウイルスの駆除方法をアナウンスするとともに、誤ってクレジットカード番号の情報などを送信しないよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
脆弱な旧Wi-Fi機器の使用中止を呼びかけ - 任天堂
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
農研機構の運営サイトが改ざん - トップページに無関係のイラスト
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
個情委、メタップスPに行政指導 - 情報資産を把握せず、内部監査規程も形骸化
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
Cisco製コラボレーションツールに重要度「Critical」の脆弱性
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん