Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、高速処理を実現するモジュールを発売

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、高速処理を実現するセキュリティアプライアンス用モジュール「Security AccelerationModule」を発売した。

同製品は、金融取引やデータセンターなど高いパフォーマンスが求められるネットワーク環境向けに開発した同社アプライアンス用の追加モジュール。並列処理によって主要なセキュリティ機能を高速に実行できるよう設計されたハードウェアを搭載した。

同社アプライアンス製品「Check Point 21400 Appliance」へ搭載した場合、ファイアウォールにおいて110Gbpsのスループットと、5マイクロ秒の低レイテンシーを実現。毎秒30万件との同時接続に対応し、6000万パケットの転送速度を確保できるという。

(Security NEXT - 2012/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン