Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【書籍】サイバー攻撃の現状などを解説した「サイバー戦争」

マイナビは、サイバー攻撃の現状などを解説した「サイバー戦争」をマイナビ新書より6月23日に発売する。新書判216ページで価格は872円。ISBNは「978-4-8399-4229-8」。

同書は、近年発生しているサイバー空間における脅威や国家のインフラに影響を及ぼしかねない「サイバー戦争」の話題を取り上げた書籍。執筆は、インターネット文化を研究するフリーライターの山田井ユウキ氏。

サイバー攻撃の手口やウイルスの歴史、国家間で起きているサイバー戦争、国民が取るべき対策など、実例を交えて解説しており、インターネットユーザーがサイバー戦争へ巻き込まれないため手助けとなる1冊に仕上げた。

(Security NEXT - 2012/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘
クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も