Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【書籍】サイバー攻撃の現状などを解説した「サイバー戦争」

マイナビは、サイバー攻撃の現状などを解説した「サイバー戦争」をマイナビ新書より6月23日に発売する。新書判216ページで価格は872円。ISBNは「978-4-8399-4229-8」。

同書は、近年発生しているサイバー空間における脅威や国家のインフラに影響を及ぼしかねない「サイバー戦争」の話題を取り上げた書籍。執筆は、インターネット文化を研究するフリーライターの山田井ユウキ氏。

サイバー攻撃の手口やウイルスの歴史、国家間で起きているサイバー戦争、国民が取るべき対策など、実例を交えて解説しており、インターネットユーザーがサイバー戦争へ巻き込まれないため手助けとなる1冊に仕上げた。

(Security NEXT - 2012/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社
サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
サイバー攻撃により個人情報流出の可能性 - JA大潟村
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛