Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール配信システム不備で誤送信発生、顧客情報が流出 - 一休マーケット

一休が運営するクーポン共同購入サイト「一休マーケット」においてメールの誤送信が発生し、顧客情報202件が流出したことがわかった。

誤送信が発生したのは、5月23日から6月17日までの間に送信された、未使用クーポンの使用を促す案内メール。システム設定上の問題により、顧客の氏名、対象クーポン名などが記載されたメールが、一部関係ない別の顧客へ送られた。

期間中、誤送信により個人情報が閲覧された可能性のある顧客は202人。メールを受信して情報を閲覧できた可能性のある顧客は9人だった。

同社では対象となる顧客に対し、個別に連絡を取っている。また修正については6月18日に完了している。

(Security NEXT - 2012/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省
キャンペーンの案内メールで誤送信 - 人材派遣会社
オンライン会議の招待メール作成機能でメールアドレスが流出 - 東京都
メール誤送信で講習受講予定者のメアド流出 - 大阪市消防局
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
情報学の教科書入荷メールで誤送信 - 北大生協
入園者宛の案内メールで送信ミス - 保育所運営会社
不動産投資クラウドファンディングの事前登録者メアドが流出
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀